農福学連携プロジェクト

淡河中学生と一緒に農業をしよう!

 農業×福祉の連携が推奨される今日、そこに学業が加わることでトライアングルを成すことができます。若い人のエナジーが足され、より生き生きとしたフレッシュな取り組みとなるでしょう。

 6月17日、新じゃがいも収穫体験が行われました。圃場は、

淡河中学校東へ約50mに位置する畑。新じゃがメークイン。淡河中学生と一緒に!!!

 学生たちには、地域の産物や淡河町の歴史など食文化に触れ、食事の重要性や心身の健康を身に付けていただけるイベントになれば幸いです。

 食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。(農水省ホームページより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です